クリスマス、世界における最近の宗教状況

 今年もクリスマスを迎え、残すところわずかとなりました。クリスマスおめでとう、想いはさまざまかもしれませんが、今回のブログはキリスト教スタイルで、「祝クリスマス」ではじめたいと思います。

 クリスマスのよいニュースと言えるかはわかりませんが、Christian Todayに次のような記事がアップされています。さわりの部分を転載しますので、関心のある方は全文お読みください。

無宗教多数派はわずか6カ国、世界の多数派はキリスト教

 最近発表された宗教および公共生活に関する国際ピューリサーチセンターフォーラムの調査結果によると、世界で最も支持されている宗教はキリスト教であることが改めて示された。一方で世界人口の3分の1はいかなる宗教にも関与せず生活していることも明らかになった。18日、米クリスチャンポスト(CP)が報じた。

 全世界230カ国以上で調査が行われ、それぞれの国の調査対象者に信じている宗教があるか、あるとすれば何を信じているかを聞いた集計結果から、世界人口の32パーセントにあたる22億人がキリスト教を信じており、23パーセントにあたる16億人がイスラム教、15パーセントにあたる10億人がヒンドゥー教、7パーセントにあたる5億人が仏教を信じていることが示された。
 ・・・
 同調査によると、「キリスト教徒が多数を占める10カ国に世界キリスト教徒の約半分(48パーセント)が集まっている。キリスト教徒が多数派である国は米国(11パーセント)、ブラジル(8パーセント)、メキシコ(5パーセント)、ロシア(5パーセント)、フィリピン(4パーセント)、ナイジェリア(4パーセント)、中国(3パーセント)・・・」という。
 ・・・
一方無宗教者が大半を占める国は中国、北朝鮮、チェコ、エストニア、香港、そして日本のわずか6カ国であることが示された。「無宗教者」に分類される人は、単にどの具体的な宗教も選ばなかった人であり、必ずしも「無神論者」とはいえないという。なお、今回の調査では、米国でも無宗教者が増加していることが示された。

 今回のピュー調査では、2010年に行われた2万5千以上の世界の人々の宗教に関する国勢調査から得られたデータが基にされているという。

 以上、転載終わり。

 いかがですか。おそらく注目は、世界のキリスト教と人口に占める中国の割合と、無宗教者が大半を占める国として中国、北朝鮮と並んで日本がランクインしていること、などでしょうか。基礎データが「国勢調査」ということですから、中国のキリスト教徒数はメキシコあたりと同等である可能性が大と思われますし(アジア1位は間違いないでしょう。今後はキリスト教についても数的には、アメリカと中国が二大国となる方向でしょうか?)、日本の宗教状況が世界的には変わっている(日本がグローバルスタンダードでないことは明かです。ですから。研究対象として興味深いとも言えるわけです)ことが再確認できました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR