近畿支部会当日

 今日は、日本基督教学会・近畿支部会で一日中、神戸となります(神戸国際大学)。これから、出発ですが、午後の講演について、受付で配布の冊子の資料を以下に掲載します(これとは別に会場でよりくわしいレジメを配布します)。

科学技術とキリスト教──原発・生命・環境
(1)「科学技術の神学」に向けて、問題点・論点 
 深刻かつ緊急の問い → 根本から考察を行う必要がある。
フクシマ・3.11と原発事故という状況で。
1.キリスト教の多様性:「キリスト教」という名称で分類される多様な立場や現象について、いかなる仕方で、たとえば「キリスト教から見た科学技術論」といった議論を行うのか。キリスト教を論じる起点をどこに設定すのか。特定教派や特定の思想家が、キリスト教という議論を単純に代表できないことは明かである。

2.科学技術の多様性:科学技術についても、キリスト教の場合と同様の多様性が存在する。古代と現代とを「科学」「技術」として論じることは可能か、可能としてもそれはいかなる仕方においてか。また、原子力、iPS細胞などの遺伝子工学、人工衛星といった多岐にわたる科学技術についていかなるアプローチをするのか。

3.科学技術の基本性格とは何か。科学技術は人間存在にとって何なのか。人間の条件と現代の科学技術との関わりをどうとらえるか。

4.特に現代において、科学技術は、自然科学の分野の事象であると同時に、経済的また政治的な事象でもある。その科学技術の実態をいかに理論的に把握するのか。環境と経済を自然神学という視点から統合的に捉えるという試み。

5.キリスト教は科学技術といかなる関係を構築すべきか。それを具体化するにはいかなることが必要か。

6.神の創造・贖いの働きは、人間の科学技術の営みといかなる関係にあるのか。神が全知全能で、善なる行為的存在であるとすれば、人間の営みは神の働きと無関係ではないはずである。

(2)科学技術と人間存在の両義性

(3)文献
A.ハンナ・アーレント『人間の条件』ちくま学芸文庫。原著1958年。
B.ティリッヒ「宇宙探検が人間の条件と態様に対して与えた影響」(1966(1963))
       (パウル・ティリッヒ『宗教に未来』聖学院大学出版会、42-58頁)
C.Ronald Cole-Turner, The New Genesis. Theology and the Genetic Revolution,
         Westminster/John Knox Press, 1993.
D.賀川豊彦『友愛の政治経済学』日本生活協同組合連合会、2009年。
  Toyohiko KAGAWA, Brotherhood Economics, Harper & Brothers, 1936.
E.金承哲『神と遺伝子──遺伝子工学時代におけるキリスト教』教文館、2009年。

<文献:キリスト教・震災・原子力>
1.新教出版社編集部編 『原発とキリスト教──私たちはこう考える』新教出版社。
2.日本基督教団救援対策本部編 『現代日本の危機とキリスト教──東日本大震災緊急    
      シンポジウム』日本キリスト教団出版局。
3.新免貢、勝村弘也著、関西進学塾編 『滅亡の予感と虚無をいかに生きるのか──
      聖書に問う』新教出版社。
4.『基督教思想』編 『原子力とわたしたちの未来──韓国キリスト教の視点から』
     かんよう出版。
5.森野善右衛門 『原子力と人間──3・11後を教会はどう生きるか』
          キリスト新聞社。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR