キリスト新聞から

 キリスト新聞の最新号(第3269号、2013.5.18)が、昨日届きました。簡単に紹介いたします。

<第一面>
 現在の大問題から、次の二つの関連記事が掲載。
・東日本大震災関係:
 「救世軍に厚労相が感謝状 東日本大震災の支援活動」、「DRCnetが震災証言集会 「フクシマ」の声を聴く」

・憲法関係:
 「メノナイト派有志が声明 「憲法守り、平和実現」」、「カトリック司教協 憲法パンフを発行」

<第二面>
 以前にも記事が開催された、「立教大学〝平和研究〟国際シンポジウム」(3月に開催)について、池住義憲氏(立教大学大学院キリスト教学研究科特任教授)による、「平和づくりへ草の根の声掘り起こす」という題の報告が掲載されている。

<第三面>
・「「信教の自由」は悲惨な現状 米「国際宗教の自由委員会」が指摘」
 「特に懸念する国」に日本は入っていないものの、「人権」や「民主主義」となるとどうなるだろうか。また、「信教の自由」を核とする人権は、西欧的価値なのか、あるいは普遍的な価値なのか、さらにはこの二分法が問題なのか。これについて、キリスト教思想はどう考えるのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR