キリスト教的学と大学

 昨日は、北海学園大学人文学部の設立20周年の記念シンポジウムに提題者として参加した。新しい人文学の可能性について自分なりの視点から話ができたものと思われる。実に、大学はキリスト教と無関係ではない。その手がかりとして、次の文献などを参照。


1.古屋安雄『大学の神学─明日の大学をめざして』
ヨルダン社、1993年。

第一章 大学の危機
  1 学生の変質
  2 日米学生の比較
  3 教授の変質
  4 「偉大なる暗闇」
  5 「甘えの構造」
  6 「大学の危機」

第二章 大学らしい大学
  1 プリンストン大学
  2 信仰復興運動
  3 牧師と政治家の学校
  4 宗教か教育か
  5 「大学の誕生」
  6 カレッジからユニバーシティへ
  7 ウイルソン学長
  8 「真の大学」へ
  9 大学紛争の時代
  10 最近、二〇年間
 別記

第三章 現代大学の根本問題
  1 ブルームの問題提起
  2 「真理はここにはない」
  3 「心理は相対的である」
  4 道徳教育の必要
  5 道徳教育の「ルネサンス」
  6 科学(学問)と価値─ウェーバー
  7 真理と自由─ハイデガー
  8 哲学と神学─ティリッヒ
  9 ナチスと告白教会─バルト
  10 「大学の神学」の必要性

第四章 大学の神学
  1 大学の理念形成
  2 「文化総合」構想─トレルチ
  3 神律的文化─ティリッヒ
  4 徹底的唯一神信仰の社会─H・リチャード・ニーバー
  5 大学の神学的理念
  6 大学と神学─パネンベルク
  7 大学批判としての大学の神学
  8 大学形成としての大学の神学
  9 宗教と科学

第五章 キリスト教大学
  1 アメリカのプロテスタント大学
  2 アメリカのカトリック大学
  3 「キリスト教大学」再生の試み
  4 日本のキリスト教大学
  5 キリスト教大学の将来

 補記
あとがき


2.Jaroslav Pelikan, The Idea of the University. A Reexamination,
Yale University Press, 1992.

Preface

I
1.In Dialogue with John Nenry Newman
2.The Storm Breaking upon the University: The University in Crisis
3.Pushing Things up to Their First Principles
4.Knowledge Its Own End?
5.The Imperial Intellect and Its Virtues
6.The Mansion-House of the Goodly Family of the Sciences

II
7.The Business of a University
8.The Advancement of Knowledge through Research
9.The Extension of Knowledge through Teaching
10.Knowledge Viewed in Relation to Professional Skill
11.The Embalming of Dead Genius?
12.The Diffusion of Knowledge through Publishing

III
13.Duties to Society
14.The University as Ground of Promise in the Future
15.The University and the Spread of Revolutionary Doctrines
16.The Task of Initiating a Work of Self-Reformation
17.Alma Mater: A Life of Learing
18.The Idea of the University in Scholarly Literature

Notes
Works Cited and Consulted
Index
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR