近藤勝彦・神学セミナー

 この3月で、東京神学大学を退職された近藤勝彦さんの神学セミナーが、関西で開催されるということなので、紹介したい。近藤さんは、この数十年来、現在も、日本の組織神学をリードしてきた代表的な組織神学者であり、トレルチを中心にその業績は多面に及んでいる(この記事の最後に、著書のリストを掲載。東京神学大学のWebよりの転載)。
 わたくしは、日本基督教学会において、近藤さんと学会誌編集委員などの仕事をご一緒する機会があり、また京都大学に学会事務局があった際には、さまざまな点でご協力いただいた。そのほかにも、現在わたくしが所属している日本基督教団・奈良高畑教会の秋の特別伝道集会で講師として講演いただいたことなどもある(講演後の青年を中心とした集まりでもお話いただき、そのときの高校生から東京神学大学に入学し牧師となるものが出た)。

 近藤勝彦・神学セミナーは、来月7月14日を初回として、1年間にわたり、隔月の第二日曜日(午後2時30分~4時)に、日本基督教団・大和キリスト教会(奈良市学園前)で行われる。テーマは以下の通り。なお、レジメなどの準備のため、参加希望者は連絡いただきたいとのこと。参加は無料。

主題「人間は何によって、救われるか──「伝道」に関する連続講演」
1.人間は何によって救われるか──人間の救いと伝道(伝道の救済論)
2.教会は、何によって真実の教会となるか──教会と伝道(伝道の教会論)
3.伝道は、何を伝えるのか──伝道と贖罪信仰(伝道の贖罪論)
4.伝道は、人をどこに導くのか──伝道と洗礼(伝道の洗礼論)
5.伝道は、世界を変えるか──伝道と世界史(伝道の世界史論)
6.伝道の目的は何か──伝道と神の国(伝道の終末論)
7.伝道は誰がするのか──伝道と教職・信徒(伝道の教職論・信徒論)
8.伝道は、どこから出発したか──伝道と復活のキリスト(伝道の聖定論)

<近藤勝彦・著書>
『教会生活の要点』東神大パンフレット
『福音主義自由教会の道-<日本伝道150年>講演集』(2009年、教文館)
『キリスト教倫理学』(2009年、教文館)
『万物の救済』(2009年、教文館)
『喜び祝い、喜び躍ろう-主イエス・キリストとの交わり』(2008年、教文館)
『啓示と三位一体』(2007年、教文館)
『キリスト教の世界政策』(2007年、教文館)
『いま、共にいますキリスト』(2006年、教文館)
『日本の伝道』(2006年、教文館)
『しかし、勇気を出しなさいー福音の倫理的力ー』(2004年、教文館)
『伝道する教会の形成』(2004年、教文館)
『窮地に生きた信仰』(2002年、教文館)
『伝道の神学―21世紀のキリスト教伝道のために―』(2002年、教文館)
『デモクラシーの神学思想―自由の伝統とプロテスタンティズム―』(2000年、教文館)
『クリスマスのメッセージ』(1999年、第3版2003年、教文館)
『キリスト教大学の新しい挑戦』(倉松功氏と共著、1998年、聖学院大学出版会)
『癒しと信仰』(1997年、第3版1999年、教文館)
『トレルチ研究上・下』(1996年、教文館)
『信徒のための神学入門』(1994年、教文館)
『歴史の神学の行方―ティリッヒ、バルト、パネンベルク、ファン・リューラー―』(1993年、教文館)
『教会と伝道のために』(1992年、教文館)
『中断される人生』(1989年、第5版1999年、教文館)
『礼拝と教会形成の神学』(1988年、ヨルダン社)
『現代神学との対話』(1985年、ヨルダン社)
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/18 08:48)

奈良市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR