戦争・聖戦・正戦・非戦(6)

 前回は、大濱徹也さんの『日本人と戦争』を紹介したが、日本キリスト教史に関連した叙述がより多く見られる次の文献を続けて、取り上げたい。日本キリスト教史は、キリスト教史の一部であると同時に、日本近代史の中に位置している。あたかも日本キリスト教史がそれだけで自律した存在であるかのような歴史叙述の仕方、歴史理解は問題的であり、キリスト教史と近代史とのそれぞれの地平・地平融合において捉えることが必要になる。この点で、大濱さんの研究は興味深い。

大濱徹也
『庶民のみた日清・日露戦争──帝国への歩み』
刀水書房、2003年。

以下の目次は、節までを記載しますが、キリスト教関連の部分は、小見出しも記載する。

はじめに

第一章 日清戦争
  1 「小国」の焦慮
  2 「義戦」の構造:田庄台占領、日本赤十字社の発展、内村鑑三の義戦論、
            植村正久の説教、非戦の声、本田庸一と清韓事件基督教徒同志会
  3 軍国の狂躁

第二章 「臥薪嘗胆」
  1 栄華と悲惨:内村鑑三の悔悟と甦生、谷中村滅亡の秋、細民の声
  2 尚武と煩悶:寡婦の除夜
  3 北清の屍:夏目漱石と内村鑑三

第三章 日露戦争
  1 諜者の群:非戦の声、徳富蘇峰の使命感
  2 開戦の渦:大主教ニコライの苦悩
  3 兵士の相貌
  戦場余話1──神薬征露丸の誕生
  戦場余話2──旅順の傷病兵
  戦場余話3──戦場からの便り

第四章 「愛国」の重荷
  1 ああ増税:社旗主義者の眼、反戦・非戦の声、矢部喜好の兵役拒否
  2 戦時下の村
  3 深まる亀裂:キリスト教界の戦時協力、大日本宗教家大会、平民社行商伝道、
          天理教会の戦争協力、「愛国」という脅迫

第五章 明治の秋
  1 勝利の悲哀:金沢念仏連隊の戦歴、蘆花の絶叫、靖国の杜、村の記念碑
  2 病める「一等国」:東北の惨状、青春の宴
  3 荒廃の淵で:「理想の村」をめざして、明日の「恐怖」

関連年表
おもな参考文献
おわりに

 本ブログでは、以前に民衆史という問題を、日本キリスト教思想史研究との関連で集中的に取り上げたことがあったが、大濱の近代日本史研究は、大きな手掛かりとなるであろう。「おわりに」では、次のように述べられている。

「私的生活の場から時代を読み解こうとの営み」(264)
「明日の歴史学を大きく飛翔せじめるには、「歴史科学」なるイデオロギーの呪縛から己が身を解き放ち、いかなる眼で時代人心を読み解くかが問われています。歴史はどのような眼をもって描き出すから全く異相な世界を提示します」(265)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR