キリスト教シオニズム

 昨日は、ピューリタン文学という視点からのアメリカに関わりのある文献を紹介したが、今回は、同じアメリカでも、キリスト教シオニズムというテーマからアメリカに関わる文献を取り上げたい。
 シオニズムと言えば、当然現代のユダヤ教が問題になるわけであるが、実は、キリスト教シオニズムはユダヤ教シオニズムとも密接な関わりがあり、後で文献を挙げるように、日本のキリスト教思想とも無関係ではない。

Samuel Goldman,
God's Country. Christian Zionism in America,
University of Pennsylvania Press, 2018.

Introduction

Part I. The Wilderness and the Eagle
Chapter 1. All Israel Shall Be Saved: The Calling of the Jews and
       the Errand into the Wilderness
Chapter 2. On Eagles' Wings: Jewish Restoration and the
       American Republic

Part  II. American Cyrus
Chapter 3. Gather Yourselves Together:
       From Restorationism to Zionism
Chapter 4. I Will Not Utterly Destroy the House of Jacob:
       Liberal Protestantism and the Partition of Palestine

Part III. God's Country
Chapter 5. The God of the Armies of Israel: Zionism and
       Judeo-Christian Civilization
Chapter 6. I Will Bless Those Who Bless You:
       Zionism and the Christian Right

Conclusion
Notes
Bibliography
Index
Acknowledgements

 先の述べた、キリスト教シオニズムに関わる文献は、以前に紹介したことのある、次の文献である。

役重善洋
『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム──内村鑑三・矢内原忠雄・中田重治におけるナショナリズムと世界認識』
インパクト出版、2018年。
  

文化の神学、文学編

 これまで本ブログでは、「文化の神学」という視点から、さまざまなテーマを取り上げてきた。今回は久しぶりに文学、特にアメリカのピューリタン文学に注目したい。ピューリタン文学と言えば、ホーソンの『緋文字』がすぐに思い浮かべられるが、その広がりと奥行きは、さらなる探究が必要なものとなっており、アメリカという国家を理解する上でも、一度は踏み込んでおきたい領域である。
 次に紹介するのは、最近のピューリ文学研究の成果である。

Bryce Traister (ed.),
American Literature and the New Puritan Studies,
Cambridge University Press, 2017.

List of Illustrations
List of Contributors
Acknowledgements

1. Introduction: The New Puritan Studies
  Bryce Traister

Part I: Unexpected Puritans
2. Sovereignty and Grace: Hobbes and the Puritans
  Paul Downes
3. Sabbatai Sevi and the Ottoman Jews in Increase Mather's
 The Mystery of Israel's Salvation
  Nan Goodman
4. Benjamin Colman, Laughter, and Church Membership in Late Seventeenth- and Early Eighteenth-Century Massachusetts
  Michael Schuldier
5. A Pre-Millennial Portrait during the Revocation of the Massachusetts Chater
  Linda M. Johnson

Part II: Puritanism's Others
6. Imperial Translations: New World Missionary Linguistics, Indigenous Interpreters, and Universal Languages in the Early Modern Era
  Allison Margaret Bigelow
7. Native Poetics in Edward Johnson's Wonder-Working Providence of Sions Saviour in New England
  Betty Booth Donohue
8. Pregnancy and Anxiety: Medicine, Religion, and the Occult in Cotton Mather's The Angel of Bethesda
  Brice Peterson
9. Piracy, Piety, and Providence in Cotton Mather's The Vial Poured Out upon the Sea
  Jason M. Payton

Part III: Puritan Afterlives
10. Puritan Acts and Monuments
  Jonathan Beecher Field
11. Toward Digital Puritan Studies: Iconoclasm, Child Mortality, and Patterns of Mourning in the Father Gravestone Collection
  Harry Brown
12. What Do We Know about the New England Puritans, and When Did We Know It? Twenty-First Century
  Reconsiderations of William Bradford and John Winthrop
  Michael Ditmore
13. Claiming the High Ground: Catholics, Protestants, and the City on a Hill
  Abram Van Engen
14. Afterword: ". . . And American Literature"
  Bryce Traister

Selected Bibliography
Index

 どうです。現在のピューリタン研究が面白いことになっていることが、わかるでしょうか。

 

古典的キリスト論の再考

 キリスト教神学が、先行するギリシャ哲学の神学から明確に区別されることになる上で、キリスト論は決定的な位置を占めていると言われる(ダルフェルス)。とすれば、キリスト教思想の本格的な再考は、キリスト論成立に遡った議論を、つまり、古代教父の古典的キリスト論の成立の意味を問い直すことを要求することになるだろう。こうした問題意識でキリスト教思想を考える上で、興味深いが次の文献である。

Brian E. Daley, SJ
God Visible. Patristic Christology Reconsidered.
Oxford University Press, 2018.

Preface
List of Abbreviations

 1. The Christology of Chalcedon: Neither End nor Beginning
 2. Second-Century Christology: The Word With Us
 3. Irenaeus and Origen: A Christology of Manifestation
 4. Teh Early Arian Contriversy: Christlogy in Search of a Mediator
 5. Apollinarius. Gregory of Nazianzus, and Gregory of Nyssa:
   Towards a Christology of Transformation
 6. Augustine of Hippo: Christology as the "Way"
 7. Antioch and Alexandria:
   Christology as Reflection on God's Presence in History
 8. After Chalcedon: A Christology of Relationship
 9. The Iconoclastic Controversy: Christology and Images
10. Epilogue: Christology and the Councils

Bibliography
Index
 

アウグスティヌス研究

 アウグスティヌスがキリスト教思想に有する意義は、いくら強調しても、しすぎることはない。キリスト教思想を専門とする者としては、自分自身の研究領域に直接関わらないとしても、まったく無知で済むものではなく、常識の欠如は恥ずかしい(何が、どの範囲が常識かは問題であるが)。したがって、アウグスティヌスなどについては、専門外の者としては、研究状況を概観できる文献は、きわめて有益ということになる。おそらく、今回紹介するものは、そうした文献であり、わたくしなどは、早速、「戦争」の項目を見ることになった(正戦論とアウグスティヌスという連関)。

Tarmo Toom (ed.),
Augustine in Context,
Cambridge University Press, 2017.

List of Contributors
Acknowledgements
General Abbreviations
Abbreviations of Augustine's Works
Introduction: A Chronological Chart

1 Ausgustine in Context and Augustine on Context
 Tarmo Toom

Part I Life
2 Biography in Late Antiquity
 Arthur P. Urbano
3 Augustine on Himself
 Annemaré Kotzé
4 Possidius on Augustine
 Erika T. Hermanowicz
5 Augustine in Roman North Africa (Tagaste, Carthage)
 Gareth Sears
6 Augustine in Higher Society (Rome and Milan)
 David M. Gwynn
7 Augustine as a Bishop (Hippo)
 Andrea Sterk

Part II Literary and Intellectual Contexts
8 Language
 James Clackson
9 Classical Literary Culture in North Africa
 W. Martin Bloomer
10 Education, Grammar, and Rhetoric
 Yun Lee Too
11 Scripture and Biblical Commentaries
 Stephen A. Cooper
12 Latin Christian Literature I (Polemical and Theological Writings)
 Josef Lössl
13 Latin Christian Literature II (Moral and Spiritual Writings)
 David G. Hunter
14 Letter Writing and Preaching
 Jaclyn Maxwell
15 Philosophical Trends in Augustine's Time
 Giovanni Catapano

Part III Religious Contexts
16 Roman Religion
 Jeffrey Brodd
17 Manicheism
 Nicholas Baker-Brian
18 Ecclesiological Controversies
 Alden Bass
19 Soteriological Controversies
 Dominic Keech
20 Trinitarian Controversies
 Mark Weedman
21 Monasticism/Asceticism
 Marilyn Dunn

Part IV Political, Social, and Cultural Contexts
22 Imperial Politics and Legislation in Roman Africa
 Dean Hammer
23 War
 Alexander Sarantis
24 Religious Violence
 Despina Iosif
25 Popular Culture and Entertainment
 Jerry Toner

Part V Reception
27 Augustine's Reception of Himself
 Johannes Brachtendorf
28 Reception of Augustine during His Lifetime
 Mathijs Lamberigts
29 Reception of Augustine in Hadrumetum and Southern Gaul
 Alexander Y. Hwang

A Note on Augustine's Works
Further Reading
Index

 この論集は、「Context」においてアウグスティヌスを論じるというものであるが、最近、このコンテキスト・文脈という用語について、自説を唱える編集者に出会った。あまりわたくしとして、こだわりのある問題ではなく、時間がもったいなかったので、特に反論めいたことはしなかったが(やや粘着質な雰囲気を感じたこともあり)、今回紹介の論集などは、まちがった「Context」の使い方となるかもしれない。見識がありよく学んでいる優秀な編集者が重要な役割を果たしているというのことはその通りであるが(幸い、こうしたすばらしい編集者といっしょに仕事をすることもあり、それは貴重な機会である)、実際は、編集者によりけりである。

シュライアマハー神学

 シュライアマハー神学は、近代以降のプロテスタント神学にとっては(それを超えても)、重要な意味をもっている。シュライアマハーに反対しようと賛成しようと、その意味には留意することを要求される。こうした中で、争点の一つは、シュライアマハーの三位一体論であると思われるが、今回紹介する研究書は、むしろ、三位一体論をシュライアマハーにおいて積極的に論じることをめざしている。

Shelli M. Poe,
Essential Trinitarianism. Schleiermacher as Trinitarian Theologian,
Bloomsbury T&T Clark, 2017.

Acknowledgements
Abbreviations

Part I
Rereading Schleiermacher

 Chapter 1: Introduction
 Chapter 2: Schleriermacher's Approach

Part II
Schleiermacher and The Trinity

 Chapter 3: Rejecting Immanent Trinitarinism
 Chapter 4: Constructing Essential Trinitarianism
 Chapter 5: Developing Economic Trinitarianism

Part III
Tensions and Connections

 Chapter 6: Divine Alterity
 Chapter 7: Consciousness of God
 Chapter 8: Conclusion
   a. Apophasis and Kataphasis
   b. Christian Ecumenism
   c. Eco-Theology

Bibliography
Index of Authors and Subjects

 内在的ではなく経綸的という仕方での議論の再構築を行うということのようである。その意義は、最後の結論の章の節タイトルから想像できるだろうか。
プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR